オンラインショップでは、レビトラを購入することができます - ドイツ特許取得済みの薬を。ドイツ製この薬(元レビトラ)は、タブレットマーキング対応している上で、元の箱に封入されています。同時に、我々は本当のレビトラは、通常の薬局よりもはるかに安価である必要があります。レビトラは非常に迅速に動作し、任意の理由のために高効率を保証します - 勃起不全と当然効力を増加するための最も安全な薬剤と考えられますが、それは、ペニスへの血流を刺激し、よりスムーズな他の薬剤に動作します。他の薬剤と成功していない男性の半数近くは、レビトラ(レビトラの元)を取って、成功して性交を行うことができました。元レビトラを定期的に使用してこのような血管の問題などの生理的要因によって引き起こされるなど、勃起不全の治療法を完了することができる。最も重要なポイント - 薬物レビトラ(バルデナフィル)をしながら、精子受精特性を失っていません。レビトラ原文、 2.5の用量で提供されます。 5 ; 10および20 mgの。
 
レビトラの方法に関する勧告:
 
軽度または短時間の勃起の治療のために若い男性;
ストレス性質を含む勃起不全の中年男性、 - 刺激因子の存在下で勃起を保証する;
ので、そのような陰茎の不十分な硬さのような生理的な理由の性交を持つことができないことで65歳以上の男性。
アプリケーション:
 
関係なく、食事の内部。レビトラ元の推奨される開始用量は10 mgである。錠剤は、性交の前に15〜25分間、取られるべきであるが、十分な性的刺激を確実にレビトラを使用するときには4-5時間を取ることができ、所望の効果を達成する。所与の薬物用量の有効性および忍容性は、 5ミリグラム、20ミリグラム以下に増加させてもよい。レビトラの最大推奨用量 - 20ミリグラム、受信多重度 - 一日あたり1時間を超えない。
 
レビトラの薬理作用:
 
一酸化窒素(NO )を放出海綿体神経の性的刺激の間、環状グアノシン一リン酸(cGMP)の海綿体の含有量の増加をもたらす酵素グアニル酸シクラーゼを活性化する。結果は、陰茎への血流を増加させる海綿体平滑筋の弛緩である。
 
禁忌レビトラ:
 
薬物、陰茎の厳しい曲げ、低血圧、腎臓疾患(早期の段階でさえも) 、脳卒中または心筋梗塞、心筋最近、急性胃又は十二指腸潰瘍、アテローム性動脈硬化症、癌、大動脈弁狭窄症の構成要素に対する高い感受性、肝臓の深刻な混乱。

お問い合わせ先

Japan Pharmacy Online

© 2016 Pharmacy Online in Japan.

無料でホームページを作成しようWebnode